こだわり

あなたはどんなことに、どういう【こだわり】を持っていますか?


こだわっていることは、一見、それほどまでに、自分の信念があって、それを貫き通して、素晴らしいなと思うのですが、時には、それが邪魔をして前に進めなくなることがあります。


「私は、このやり方で、ビジネスを創造していきます」

「私には、このやり方は合っていません」

「私はこうです。ああです。」


などなど・・・



そのこだわりが特徴としていいように出る場合と、そうじゃない場合があります。


往々にしてそうじゃない場合の方が断然多いです。


例えば、今SNSで主流になっているのは、フェイスブックやインスタグラムですが、私は流行りが好きではない。だから、mixiで集客するんだ!と言って、やっても、今はmixiでは集客は難しいですよね・・・


そういうのがこだわりです。


私は女性を幸せにしたいんだ!といって、女性をターゲットにするのもいいのですが、その人が女性に向けたサービスより男性に向けたサービスの方が合っているとしたら、女性だけをターゲットにするのは勿体無いなということです。


こだわりは制限をうみます。


ちょっと想像してみてください。

もし何のこだわりもなかったとしたらどうでしょうか?


なんでもできるのではないでしょうか?


もしあなたに何かしらの【こだわり】があるのであれば、それをクリアリングPOD&POCしてみたら、どれだけ可能性が広がるでしょう〜??



11回の閲覧

最新記事

すべて表示

誰かから責められた時

あなたが、もし誰かから責められたり、非難されたりしても、自分のことを悪い、間違っていたとしないでください。 「ここでの正しいことって何?」 「私の正しいことって何?」 と問いかけしてください。 自分のことを悪かったとしなければ、そこでの真実が見えてきます。 人はコントロールしようとして責めてきたり、その人が自分でジャッジしているところを、あなたに言ってきたりします。 全ては面白い物の見方です。 何

行き詰まったとき

もしあなたが行き詰まった時に、これを思い出してください 人生の中で何かしら、行き詰まった感がある時、もうどうしようもないように思う時、八方塞がりになった時に、もうだめだ、とか、終わった、とかやめるしかない、とか、諦めよう、とかって決めつけないでください。 他に何が可能? 他に何が可能? 他に何が可能? ・ ・ ・ と問いかけ続けてください そうすると何かしらの突破口が見つかります! そしてこの状況

あなたはあなたが思っているような人ではない

あなたは自分がどんな人だと思っていますか? あなたから見たあなたと、人から見たあなたは違います。 あなたはどんな人に見られたいですか? あなたがなりたい自分とあなたは違います。 あなたがあなただと定義している人はあなたですか?笑 あなたは今日本人で、男性又は女性で、〇〇という名前で・・・と私はこういうものです。と定義できますが、それはただ今それを選んでいるだけで、あなたという存在は定義できない無限

© 2015 by laniakea

Copyright © laniakea All Rights Reserved.     特定商取引法に基づく表記/プライバシーポリシー